高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかります

SIMとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小型のICカード「SIMカード」のことです。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、かなり注目されているわけです。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはなんと使うことが出来ないのです。

そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々数百円なんていう費用に。

ここはひとつ、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

普通は、データ回線がふとければ一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。

例をあげると、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

もっと詳しく>>>>>割引があるのか?格安SIMを家族で使う場合

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です