のでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、ベースとして使って行ける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての速度は最大でも150M程度など、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろいろな仮想移動体通信業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

通常だと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者だと月々数百円ということも。

一度、見直しを考えてみても良いと思います。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。

そのような方は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

一般に、帯域が太ければアクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮してMVNOを選択した方が良いことが分かります。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているIC型のカードのことです。

携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

もっと詳しく>>>>>【悪用厳禁】おすすめの安定した格安SIMに

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です