人より内臓機能が劣る犬たちにとっても良いはずがありません

ペットの食事は、人間が食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

犬の健康に良くないエサと言うのは、基準値以上(法律で定められた以上)の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人にとっても害のある廃棄用の食材が含まれています。

人が食べると害があるものは、人より内臓機能が劣る犬たちにとっても良いはずがありません。

また、新鮮な材料を使っているエサは、犬、ネコたちの食べっぷりも良いので、添加物など、良くないものでの加工の必要は無いのです。

そうだとしても、飼い主が試食するわけにもいきませんよね。

ドッグフードに使われているお肉や野菜などが新鮮かどうか、人間が食べても平気なものかは、製造元ホームページに記載されているので、確認すると良いでしょう。

原料にうしろめいたいことないペットフードであれば、ウェブサイトに大きく記載されています。

ファインペッツは消化吸収率87%と驚きの超効率のドッグフードです。

一般的に高級フードと呼ばれているフードと比べても倍以上犬、猫の自動給餌器には、2種類の「フードストッカー」と「トレイタイプ」と呼ばれるタイプがあります。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分の生活やエサの種類などに合わせて選択するのが良いでしょう。

ドッグ、キャットフードは主にペットショップなどで買えるかなり一般的なペットフードには、乾燥した固形のドライタイプと、真空パックだったり、缶に入っていたりするウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプでは水分が抑えられる一方、ウェットタイプでは60%から90%程度の水分が含まれています。

半生タイプと言われるものの水分はだいたい25%から35%程度ですね。

ドライタイプだと開封しても長期保存ができ、手軽である上に価格も手頃なので人気があります。

ウェットタイプは一度開封したら食べきりが基本ですが、おいしいのでペットには人気がありますね。

犬のお食事の頻数は朝夕の1日1~2回がルールですが、可能な限り1日の量を3回を超えて分けてあげてください。

チョロチョロ食べることで消化吸収力がアップするのです。

そのほか犬はお食事のボリュームよりも回数で満足すると言われています。

ごはんがもらえる回数が多いほど、犬に対しては嬉しい時間が、増して心もおなかも嬉しい状態に。

自動給食機の基本機能は、タイマー設定でオートマチックに猫にごはんをあげること。

いろんな機能はメーカーによってさまざまで、1日に組立てられる時間の数が規定されているものから、何回でも自由に設定ができるものもあります。

時間になると蓋が開いたり、自動でえさが給餌口から出てきたりして、犬にごはんを提供してくれます。

最近では単に給餌するだけでなく、高機能な自動給餌器が次々に新発売されて、以前にも増して便利になってきています。

えさで一番大切なのは、バランスがとれた栄養であることです。

ごはんといっても、ペットショップやホームセンターに行ってみるとさまざまなタイプがあり、決めるのも一苦労だと思います。

ペットと言えど必要とする栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルと人とあまり変わりませんが、人と犬と猫ではそれぞれ適切な栄養バランスは違うと言われています。

参考にしたサイト⇒うさぎに餌を自動あげたい

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です