MVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。

そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

格安SIMや格安スマホを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

一般に、帯域が太ければユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくきちんとしたサービス品質を提供できる会社を選ぶ必要があることが分かります。

通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと月額1000円以下なんていう費用に。

一度、プランニングしてみても良いかもしれません。

おすすめサイト⇒かけ放題あり!おすすめの格安SIMはここだ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です