メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIM

キャリアから購入したスマホやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、softbankではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。

携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、通信速度は下がることなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかし、実際の通信速度を調べてみると各社によって違う場合があります。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのに通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

格安SIMが使えれば、携帯代の削減ができます。

docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと月々1000円ということも。

一回は、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

データ通信が安くできる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

購入はこちら>>>>>家族間通話可能な格安SIM

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です