スマートフォンやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたもの

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMがよくわからない人や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

普通は、データ回線がふとければ一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、価格だけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。

スマートフォンやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックがかけられています。

けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使うことができます。

格安SIMを使うことができた場合、携帯代の削減ができます。

通常だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円という料金プランも。

いったん、確認してみても良いかもしれません。

格安のSIMを売っているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると会社によって違うことが分かります。

一例を挙げると利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

どの事業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は各社によって違ってくるものです。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

あわせて読むとおすすめ>>>>>格安SIMでかけ放題を無制限できるキャリアは?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です