葉酸サプリのサンプルを配っているところ

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。

産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。

もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、普通の食事を摂っていたならば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。

ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそれは違います。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を造る力を強めるという働きがあります。

この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠のチャンスが直接的に増えるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといったいわゆる青菜のものが多いです。

妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをオススメしたいです。

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

妊活の時に、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。

長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしたという訳です。

妊娠が発覚した後、性別が判明するまで期待と不安でドキドキしていました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。

妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。

そのため「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。

葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、気をつけましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて管理しやすい為、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には最適な方法だと言えますね。

葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いでしょう。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。

なぜなら食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。

それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時での摂取はおススメしません。

妊娠に大切な葉酸は厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。

その中でも胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は重要な効果です。

妊娠する可能性がある方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。

今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。

代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が手軽に出来ますので、是非試してみてください。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊娠を希望している方は、サプリの利用を考えてみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です